男性に伝えたい髪を育てるための正しいシャンプー方法

髪の毛は、見た目の若々しさを決めるパーツの一つと言われています。 白髪はもちろんのこと、枝毛やバサバサのダメージヘアは、実年齢よりも老けた印象になってしまいます。

美しい髪を取り戻すためにはきちんとしたケアが必要

髪の毛はホルモンが大きく関係しているため、年齢が上がると共に髪の艶が減っていくと言われています。 歳をとるにつれて、最近髪が広がるようになった。 毛先がパサついている。 白髪染めを始めたら、髪が傷むようになった。 こんな症状を感じている人は要注意。 しっかりとヘアケアをしていかないと、一気に老け込んでしまいます。 では、つやつやの髪を取り戻すためにはどうすればよいでしょうか?

どのようなケアが美髪のために必要なのか?

トリートメントやヘッドスパなどが真っ先に思い浮かぶダメージヘアケアですが、実は毎日のシャンプーによって、美しい髪を取り戻すことができるのです。 今回はその方法について詳しくご説明したいと思います。

予洗いを最低3分は行

汚れを落とす=泡というイメージですが、日常生活の頭髪の汚れは、予洗いで8割がたが落ちます。 ですから、シャンプーをつける前に、お湯でしっかりとすすぐことはとても大切。 予洗いの時点でほとんどの汚れが落ちていれば、シャンプーした際に力を入れなくていいので、頭皮や髪を傷めずに済むのです。

高い位置からシャワーをあてない

頭上からサーっとシャワーを浴びる・・・これが当たり前になっている方は要注意。 高い位置から落ちるシャワーは水圧が高くなるので、頭皮を刺激してしまいます。 美しい髪を生やすために、頭皮の環境はとても重要。 頭皮は優しく丁寧にケアしてあげなくてはいけません。

シャンプーは手のひらで泡立ててから

ボトルからシャンプーを出し、そのまま頭皮めがけてべちゃっとつけてはいませんか? これは美髪にとって、もっともNGなこと。 シャンプーを出したら、まずは手のひらでよく泡立てましょう。 それから毛先を揉むように洗います。 ゴシゴシとこするように洗ってはいけません。 毛先が洗えたら、そのまま頭皮へ。 頭皮は指の腹を使い、洗うというよりはマッサージするように指を動かします。 汚れを取ろうとついゴシゴシやってしまいがちですが、予洗いをきちんとしていれば、すでにほとんどの汚れは落ちているので、優しいマッサージで大丈夫なんですね。 いかがでしたか?ついうっかりやってしまっていることが多かったのではないでしょうか? 毎日のシャンプーを少し意識して、健康的な美髪を目指していきましょう。
メンズシャンプー 選び方