食事の順番を変えるだけで本当に痩せるのか?

みなさんは食事の時、どんな順番で食べますか? ご飯から・好きなおかずから・汁物から・・・ 実は、食べる順番を変えるだけでダイエットにもつながるのです。

どのような順番で食べたらよいのか?

では、以降は具体的にどのような順番で食べものを食べたら良いのかを説明しますので、ぜひ参考にしてください。

汁物

最初は、汁物から食べましょう。 お味噌汁などの汁物は、水分が多いのでお腹にたまり満腹感を感じやすくなります。 (全部飲み切ることが効果的です)

サラダなどの野菜類

二番目は食物繊維の野菜類です(サラダや海藻類)。 野菜にも水分が多く含まれるため、満腹感を感じます。 さらに、食物繊維の多い野菜を食べることで血糖値の急激な上昇を抑えることができます。 血糖値の上昇を抑えることで、脂肪の吸収も抑えられます。

メインのおかず

三番目は、肉や魚などタンパク質類のおかずです。 食事の中ではメインのおかずになるでしょう。 よく噛んで食べることで満腹感を得られます。

最後に炭水化物

最初に口に入れてしまいそうなご飯ですが、炭水化物は最後に食べることがダイエットにつながります。 炭水化物は、血糖値を上昇させてしまいます。 空腹時に炭水化物を入れてしまうとさらに上昇しやすく、太る原因になります。 1~3までの食事で満腹感は感じていると思いますから、ご飯は少なめか食べない様にすることで食事のカロリーを減らせますね。

食事制限のデメリット

食事を極端に減らしたり、食べない過度なダイエットはやめましょう。 体の栄養不足や、ストレスなどで体調を崩しやすくなってしまいます。 さらに、体はエネルギー不足を補うために脂肪をため込もうとして、痩せにくくもなってしまいます。 これは、健康的なダイエットとは言えません。 健康的に痩せるためには、体に必要な最低限の栄養は摂らなければいけません。 バランスのとれた食事、適度な運動は必須です。 さらに、食べる順番を工夫するだけで、ダイエットにつながったらうれしいですよね。 これは、体に負担がかからず健康的に行えるダイエットとしておすすめできます。